2010年05月16日

インシャーアッラー(プロローグ)




             天空とその星々は御身のために楽を奏でる




       太陽と月は御身をほめたたえる




                  神々は御身をほめそやす




          女神たちは御身のために歌う






                 ハトホル神殿の壁に残されている言葉より









一年ぶりの旅がはじまる



エジプト



ついにこの日がやってきた


何千年待ったことだろう



そもそもエジプトへの旅は、以前から計画されていたにもかかわらず
なかなか実現しなかった

言語の問題もあった

今回は、前職場の同僚でアラビア語に長けているSさんに全面的にお世話になる

というか、彼女の10年ぶりのアレキサンドリア来訪に着いて行く感じだ




2010年1月15日
中野のフェイバリット沖縄料理「あしびなー」での「行ってきます会」

なぜか突然、女性トンコリ奏者が現れ、旅の安全を祈願すべく演奏していただいた


順調なすべりだし。








                プロローグ



2月14日
ひさびさの成田空港

今回は一人旅ではないので、いい意味で気持ちが緩んでいる

すいているチェックインをすませ、蕎麦で軽く日本人のお腹を満たす



そして

アムステルダム乗り継ぎのエジプトということで

またしてもKLM航空


今回はスパルタだった

昨年のアイルランドの時にあった座席前の液晶がない

首の角度70度に迫るミニスクリーンを見るしかない

まだ日本で公開されていない、最新と思われるタイムスリップ・ラブストーリーもの

いまいちだ

あの時の「ウォンテッド」のような啓示的なものを期待しすぎなのだろう

『なにしにきた?』




アムステルダムのスキポール空港に到着

なつかしい

やっぱりオランダ人でかいな〜

ギャラリースペースも健在

1年前の記憶がよみがえる



『旅の最後を演出すべく、スタイリッシュなレストランでボロネーゼのパスタとビールを注文した

前のテーブルにはそうとう酔っ払ったパイロット風(休日かコスプレなのだろう)の兄ちゃんと彼女(かもしれない)が楽しそう』



レストランも変わらず

前のテーブルには誰もいなかった


チェックイン
スタートレックちっくなカプセルに入り、自分の安全性を確かめられ
カイロ行きの航空機に乗り換える


すると

おー

ちゃんとついているではないのー

え・き・しょ・う

がー!



日本語字幕無し「イングロリアス・バスターズ」!!!!


やったことを忘れさせないよう、額に印を刻む

いろいろな言語が飛び交う展開



この二つで充分だった

自分が何をしに行くのかが、少しずつ浮かび上がってくる


ありがとう、エジプトに行ってきます。


【関連する記事】
posted by kauhi at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | エジプト編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

ナイル・サーフィン



              第一部 ナイル・サーフィン




DAY1


午前2時のカイロ空港に到着


火星を意味するカイロという地名



KLM機のドアが開く


タラップを降り、1番下の段からアメリカ横断ウルトラクイズよろしく
ジャンプでカイロの地を踏む


ブザーはならなかった


デヴィッド・ボウイの「ライフ・オン・マーズ?」のエンディングが
深夜の滑走路中に響き渡っていることもない



つごう19時間のエコノミー症候的な心地よい疲労感に引き続き
初上陸したアフリカ大陸からごうごうと湧き上がる歓迎の波動が
足の裏から静かに高まって来る
欽ちゃんの仮装大賞の電光表示板のように


入国審査
日本の常識が常識ではなくなる場に入る
カオス空間

「ワンライン、ワンライン」
空港係員は「お前らゆるいぞ、一列にならべ」と言っているが
どう見てもそっちのほうがゆるすぎる



ほんの一瞬、北海道の新千歳空港にいる感覚に陥った
懐かしい場所に帰ってきた?
いや、場所にではなく
人々のおおらかな魂に共通の何かをかいま見たのだ
早くも



入国完了
さっそく街までの白タク交渉(宿泊もここで決めた)
このうさんくささは自分ひとりだと無理だった
Sさんの本領発揮、ありがたい


ついに来た
タクシー窓越し
まずは深夜の初入国独特の意識と、もやっとしたイスラムの光景が同期する


しかし


場所がわかっているはずの運転手の兄ちゃんは確実に迷っている


わかったこと、ふたつ

(1)エジプト人はぜったいに「わからない」と言わない。

(2)「ちょっと待って」を「ワン・ミニッツ」と言う。



そして宿に到着してチェック・イン


かなり近そうな外のスピーカーから大音量のアザーンが聞こえる

アザーンとは?
毎日5回ある礼拝の呼びかけ
鐘や笛などの楽器ではなく、美声の人が詠唱で知らせる素晴らしい方式
最初は気になるくらいなのだが、そのうち癖になる


部屋の角のカーバ神殿に見えるバスルームスペースを見つつ

まずは仮眠

Sさん、本当におつかれさまでした







朝の風景
ベランダから初めて見るモスクが
スター・ウォーズに出てくる砂漠の宮殿に見える

こりゃ、ルークとレイヤ姫だな。。。。


屋上に作られたサイケデリックなカフェ空間で朝食

窓から龍のように通り抜ける風が
まだぼうっとしている自分の身体も通り抜ける


すべてができすぎだ




いよいよ街へ繰り出す

まずは、たまもののナイル川にご挨拶

やっぱ川ですよ


初めての土産物屋でお茶が出されて、パピルス画の説明がはじまる

買うのを断っても、名刺を渡され、じゃーまたとクールに別れる

お茶まで飲んで、日本人の感覚では買わないでは済まされない状況でもだ

商人でありながら、純粋に話好きな人たち

少なくとも余裕がある



考古学博物館がおもしろい

自分のヒーリングの意味がするするすると解き明かされる(割愛)

ネフェルティティ像やツタンカーメン像などの大物を目の前にして感動

それにしても雑然とした展示にはおそれいる

旅行者と現地の方の入場料の格差が大きいのも素敵(どこもそうだった)



上野の裏道のような自動車修理店並ぶところで初ランチタイム
フール&ターメイヤのサンドウィッチ
美味〜い!


食べ物を美味しく工夫する
それは人間の偉業のひとつだと思った
空腹が永遠の高級料理だとしても

アイルランドでは量だった
細胞に飢餓の記憶がより強くあるからだ



地下鉄に乗って、カイロ発祥の地とされるオールド・カイロ地区へ行く

コプト教(エジプトに根付いた原始キリスト教)の教会
ディズニーランドの中世ヨーロッパ町アトラクションの中で、普通に人々が住んでいるといった不思議な空間
聖なる地なのだが庶民的
後に聞いた話では、地下にキリスト一家が潜伏生活をしていた場所があった(あ、ちゃんと見てました)



そして
わかったこと

(3)チョ〜がん見される。


特に純粋な可愛い子供たちに


ここでの自分は、芸能人か皇室の者にでもなったような歓迎ぶりが展開される
イスラムの「貧しい者や旅行者には施すべし」の教えがあったとしても
やりすぎじゃないかーというくらい展開される

この日のためにたくわえたヒゲが功を奏しているのか

役所広司風の髪型が珍しいのか

Sさんはそれ以上にモテモテなので、毛の問題ではない

いや、大いに毛の問題なのかも知れない

いずれにしても含味されるのは間違いない



通り過ぎる町の空気にフィルターがかかり、映画のように「何か」を通して
現実を見ている


夕刻のアザーンとともに、夕日が沈むナイル西岸を黄昏れるひととき


無邪気な子供に
持っている水を分け合って笑う

たかりの子供に
無視してたらファックユーを連発される


すべてができすぎだ





ここカイロでは、橋がキーワードとなった


流れている川を下に見て、橋を渡り
歩いている空間を他者と分かち合い
それが熟成すると、もうひとつの新しい場所へ移動する



Sさんとひたすら歩くのが楽しい夜のカイロの街並み

ナイル川に沿ってサーフィンしているかのように



川にはベリーダンス音楽をかけて進んで行く屋形船

ときおり大きい道で車をかわして渡る緊張感

遠くに見える、夢に出てきそうな継ぎ足しのビルと喧噪のマッチング

この夜のサーフィンは一生涯忘れないと思う




ようやく宿の近くまで来る

昼間は特に何もない広場が、夜はすごいことになっていた

ひっそりとしていた映画館も同様、入口前は多数の男女でごったがえし、楽しそう
演っているのはコメディみたいだ


初日を祝って、テイクアウェイしたシャワルマサンド、サラダでディナー
あまりない酒屋(イスラム教では豚肉とアルコール禁止、買うと黒いビニール袋に入れてもらえるので、すぐわかる)で買ったステラビールが最高です!

恒星を飲み干して、エジプトの旅は始まった






DAY2


エジプトに来たら行くところ


それは?


はい、そうですねー


ピ・ラ・ミ・ッ・ド


やね♪


行きも帰りも、それぞれに渋かっこいい兄さんに助けられつつ
市民のバスで移動
さすが敏腕交渉人Sさん!いい仕事してます


今回カイロでの唯一の遺跡観光

期待感でワクワクなその時、車窓から


見えましたー


星くん
あ、あれがピラミッドですたい


本物だ

遠くから見ても大きいのがわかる

さすがに不思議な光景


と、到着



ギザのピラミッドの中に入るツアーは完売

いや、入らなくていいんですよー

そうそう

入らなくていいんです



ラクダ乗りの、砂漠の嵐のようなしつこい客引き攻撃に悩まされつつ
カフラー王・メンカウラー王・クフ王の三つのピラミッドをまわる


ひそやかに
ピラミッドに来た時のための第三の目ワーク(割愛)をやっていると

感じの良い少年たちが集まって来た

「いっしょに写真撮ってもらっていいですか?」

やっぱりオレは役所広司なのか?

「バベル」観てるか?じぶん?



観光地は精神的にも肉体的にもパワーがいるので、これが真夏だと厳しかった

意外と小さいと思った(ピラミッドと比較して)スフィンクスを堪能して
ここを後にする



この日のランチは炭水化物爆弾のような「コシャリ」
Mサイズで注文したのだが、量が多い
本当に美味しくて大満足、大満腹
なので、てくてく歩いてちょうどいい


てくてく後、タクシーでイスラム地区へ
人を乗せていても方向がいっしょであれば乗せてくれる
その運転手が妙に潔癖だ
綺麗な車内に違和感を感じつつ
ラッシュでなかなか進まない道路の出来事を楽しむ

運転手に悪態をつかれても頑張っている交通整理のお兄さん
車をかき分け、たくさんのパンを売っている青年
ひとつひとつ楽しむ

降車時に「これじゃ足りないよー」と激怒する潔癖

「本当に怒っていたら出てきますよ、ちゃんと払っているので降りて大丈夫です
あわよくばですよ」
Sさん、さすが

怒っていた潔癖おやじは静かに行ってしまった



文芸映画のセットに迷い込んだようなイスラミック庶民エリア

自分がここに存在しているのか
上から大きな目で確認したくなる
子供や猫たちのように生き生きしているのだろうか


日暮里繊維街のような生活者スーク(市場)を通り
浅草仲見世通りのような大観光客スーク「ハーン・ハリーリ」

それぞれに違うものの、女性たちの買い物パワーには好感が持てる
宗教は関係ない



帰りに通った夜のアタバ市場がとんでもなくカオス

激しく行き交う音と光と洪水が、歩いている脳細胞を刺激する

夢の中を歩いている感覚

ずっと歩いていたくなる

人はこういう状態に置かれると覚醒のスイッチが入る


スークトリップ!!!!

スパイスと漢方薬の店に入ってみる

スイッチはまだ入りっぱなし。


posted by kauhi at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | エジプト編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

まずはタヒチ

「二股に分かれた道で、下駄を投げて行き先を決めるような旅をしていくと、必ずプレゼントが待っている。
旅そのものが、どこか特別な場所に連れていってくれるのだ。」

                                   細野晴臣










 そう

         すべてはここからはじまった

          「Tapati Rapa Nui 2002」

  世間的には、ソルトレイクシティ冬季オリンピックの2002年2月










ある日友人から
「イースター島に遊びにこない?向こうでバイトすることになったからさー」 と連絡が来た
当時、某国営放送局に勤務していた自分は、長期休暇は取れるはずもない

水晶はじめ色々な石に興味を持って鑑賞していた(この時はまだ使ってはいない)自分は、はがゆくもその話は流すしかなかった


そこに奇跡が起きる
オリンピックの開催時間帯の都合で、担当番組が休止となった

とんとんと話が進んで行く

あっという間にタヒチ経由での航空券も手に入る

当時はまっていた方位学によると、ぴったし大吉方位
行く距離が遠く、滞在が長いほど良く、結果は数年後にじわじわ出るという

行かない手はない、ぜったいに!!



と思いきや

友人から「ごめん、行けなくなったんで、お世話になったファミリーにお土産を渡してほしいんだけど」

え〜〜〜〜

スペイン語ぜんぜん話せないんですけどー

すでに全部の手続きが完了してるんですけどー






タヒチ行きのエア・タヒチヌイ

機内に乗った瞬間にプルメリアの花の香りが優しく漂い、乗客を迎え入れてくれた
座席シートの各テーブルにプルメリアの花が置いてある
女性は耳に挟むのが通常らしい
男性もそうらしい
それはちょっと何なんで、そっとテーブルのわきに挟むことにした


単身ダイビングに行くと言うおじさんが隣に座った
他は、ほとんど新婚カップルのラブアタックな状況である

「妻はダイビングが苦手なもので、一人で来たんです」
食事時におじさんがもう1本くれた初めてのヒナノビール
なんて美味しいんだー♪

長時間フライトの出会いは、普段よりも濃密な演出をしてくれる
人との出会いが本当にすべてだと、確信させられるのだ

う〜ん、旅なれてるぅー




深夜の機内







ぐぁー


気圧の具合いで、今までにない気持ち悪さが続く
ヒナノビール飲みすぎたーっ!


相当高い所を飛んでいるのか
かなりきてる
顔が青くなっているのは間違いない
隣ではおじさんがスヤスヤ〜


はくorはかない、ファイナルアンサーだ

思う限りのリラクゼーション法をためす

やはり深呼吸が効果的

ふーふー。。。。



何とか峠を越えて、日本から12時間後の早朝
パペーテのファアア空港に降り立った


まだ夜明け前の、ほの甘い香りのあたたかい風が、はるか遠くの国に来た感覚を刺激する

楽園ムードとはこれだった

続々と降り立つ新婚カップルの皆さんのムービーカメラ合戦を見て、映画「ホーリー・マウンテン」を思い出す

降り立った先には、アコースティックバンドによる演奏とタヒチアンダンス
そして、皆に歓迎のレイがかけられる
僕とおじさんは、もらえなかった
ゲイの新婚さんかも知れないのに
やはりプルメリアの花を耳に挟むべきだった



到着ゲートを出た両替所前のカップルは
「どうするぅ〜50万くらいかえちゃうぅ〜?」
いらっしゃ〜いの窓口の従業員の対応も、ていねいだ
もちろん自分の場合とは雲泥の差

雲にあたる人生最高潮の新婚さんたちは、キチンと予定通りに事を進めて行く
泥は航空会社のお姉さんとぜんぜん会話が通じない
ようやくライアテア島行きの国内線チケットは取れた

そしてひたすら待つ
長時間空港内でダラダラする初めての体験
ゲイのおじさんはボラボラ島へ旅立って行った


広くない空港ロビーに、ほとんど人はいなくなった


が、少したつと、いろいろな人がやってくる

「パスポートを無くしたんだ、お金を貸してくれないか」
乗り継ぎの待ち時間はたっぷりあるので話を聞くが、金額がころころ変わるのがそもそもおかしい
結局、相棒でお腹の大きい可愛い女の子が「彼にだまされないでね」と助けてくれた
なんなんだ〜



ライアテア島。。。。

ライアテア島は聖なる島「ハバイキ」と呼ばれ、ポリネシア人が最初に定住した島

その中でも、オポア村は古代ポリネシア宗教の中心であった由緒ある地であり、「タプタプアテアのマラエ」には、かつて太平洋中の島々から訪れる大型カヌーが上陸し、任官の儀式と異国間の交流が行われたと伝えられている

との情報を目にした


ポリネシアの聖地


ここに行きたいと思った
何故だかわからないが、ただ行きたいと思った

ボラボラ島でも、もちろんパペーテの歓楽街でもなく
タプタプアテアのマラエへ、ピンポイントなのだ!!



ライアテア空港に着いた

しかし、右も左もわからない
マラエまでは、とても歩ける距離ではないのが地図では明らかだが、とりあえずその方角へ進んでみることにする

あー

緑が映える山が素晴らしい
下田とリオデジャネイロを足して、エジプトとマヤのエッセンスをふりかけたような、まったく違う世界に来た感じ

おー

人々や建物もまったく違う

まー

なんというか

逆に自分が違う生き物に見えてくる

んー

それにしても

歩けども歩けども宿泊施設はおろか、商店すらない

腹減ったにゃ〜

南の島の日差しが照りつける

んんん〜あまりにも無謀だったか?の気持ちがよぎる



ブーン
車が止まった

「どこまで行くの〜」
「泊る所はあるの〜」
「まぁ乗りなさいよ」

まぁかっこいいイギリス人女性が宿まで案内してくれた


とにかく安く(記憶あやふやですが、1泊1000円くらいだったと思う)こじんまりしたロッジ群とテント張りスペース
最高級に感じのいいオーナーのおばちゃんが素敵だ

「ここの移動はヒッチで大丈夫よー」

荷物を置き、長期宿泊しているアーチストのフランス人女性と話す

女性が輝いている島なんだと思った


なるほど、すんなりヒッチハイク成功
写真を撮ってもいいかと聞くと
「待ってくれ、いい場所で停めるから」らしいことを言う
残念ながらポラロイドではないのだが、現地の人は撮ってくれることが嬉しいという地球の歩き方情報は間違ってはいなかった
親切にマラエのすごく近くまで乗せてってくれた
メルスィ〜ボクー♪




タプタプは

風が通る

さわやかな場所だった

たちずさむ

何が起こる訳でもない
ただただ素晴らしい

神聖でもあり、懐かしくもあり、穏やかな気持ちになる
ただただ素晴らしい

太古からの空気を思いっきり吸い込んでみる

何が起こる訳でもない

その時の意識の中では。。。。




帰りはバスに乗ることができた
これは安心なのだ
宿の近くまで行ける

あら?

小道に入って、小さな家の前にとまる
運転手は降りて、家族水入らずのランチに入った
乗客らが「当分発車しないよ」と言っている(フランス語だがたぶん間違いない)
シエスタだ!


バスから降りる子供にダイソーで購入した青いビー玉のひとつを渡す
地球の歩き方情報その2、現地の人へのささやかなおみやげとして、ビー玉や千代紙などが良いという
今どきそんな子供だましが通用するのか


子供が目をまんまるに輝かせて喜ぶ「ママ〜なんかもらったよ〜♪」

通用しました、ハイ


そして運転再開

バスは快調に飛ばす

開けた窓からの風がここちよい


あー停まる所通り過ぎたー

でも、個人商店で飲み物と食べ物(ビールとかインスタントラーメンとか)を買うことができた

結果オーライでした



てくてく歩いて宿に戻り、近くの海岸に出てみる

遠くにさざめく珊瑚礁が、苫小牧の夜の製紙工場の音に聞こえた

自分が高校生だった時の記憶と交差する

ものすごく遠くに来ているはずなのに、故郷にいる感じ
こんな感覚は初めてだ

いや、遠い昔にあったような。。。。


エメラルドのような熱帯魚や、小さくてかわいいカニが足をくすぐる

ふと遠くに目をやると

大きな虹が海の上に浮かんでいた


しばらく
今までの自分は何だったんだろう、これからどうして行くのだろうと
ひとりごちる


南国の太陽が水平線をだんだんと朱色に染めて沈んで行く

ここは天国に2番目に近い島だ




自分のロッジに戻る
「東洋人が部屋の中で瞑想している」とひそひそ声、明日からの予定をゆるゆる考えているだけだっちゅーの、ちびちびビール飲みながら〜


天井のヤモリがゴキブリを追いかける
どちらかが落ちてこないか気になってしょうがない

夜はヤモリをはじめ、いろいろな動物の鳴き声に囲まれる

これはセンサラウンド方式ですね

中でもひときわ異彩をはなつのが、隣のロッジのチャリダー(自転車乗り)の屈強なおっさんのイビキ声
う〜ん音量もさることながら、すごいポリリズム



朝方ものすごい雨、いわゆるスコール
もーここの天井が抜けるんでないかと思うくらいの超〜豪雨
これは初体験です

そして朝

数時間前が嘘のようにピーカンの晴天

イビキよりも強力なニワトリくんファミリーの鳴き声で目覚める


泊っていたフランス人のゆかいな仲間たちに誘われて
山へハイキングに行く
蚊が容赦なく刺す
虫除けや蚊取り線香は、もはや何の役にも立たない!
東南アジアなら死んでるってゆーくらい全身刺されまくり
これも初体験のかゆかゆだー

でも

高い木から池にダイブして遊ぶ小さな子供たち
それを見守り、岩の上でトランプをする裸の青年たちに出会い
うれしい
ん〜ゴーギャンの絵のようです



小さな空港で、パペーテ戻りの便を待つ
「よー日本人かい?」「日本には今度いくよ、大好きなんだ」
がたいの良いイケメン・ポリネシアン青年の、人なつっこいパワー炸裂な笑顔が優しくて、ここに来て良かったーの締めくくりとなった


タヒチ島へ帰ってきた
数日後には、またイースター島からここへ戻って2日くらいの余裕がある
このまま迷うことなく、一気に楽園気分のままイースターへGOなのだー


イースター島に行くランチリ航空の機内はゴージャス!
こりゃハイテクだ〜
ゲームもできる
6時間で降りるには惜しい

そして隣の席のおっさんは、オーストラリアで「クリスタル・ケイヴス」という天然石の洞窟博物館を営む変人のオーストラリア人だった!
水晶の話で盛り上がる


イースター島上陸まであとわずか


来た、ついに来てしまった


次回イースター島の巻


そこで試練が訪れる!
posted by kauhi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ・イースター島編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。